How to Care お手入れ方法

真珠のお手入れ

パールは生き物が作った宝石です。
時間が経てば少しずつ性質が変化していきます。
美しさを長く楽しむため、お手入れには気を使いましょう。

◆宝石箱に単独でしまう◆

意味は硬度が低く傷つきやすいため、他の硬い宝石とぶつからないよう、分けて収納するか、宝石を柔らかな袋や布にくるんで直接あたらないようにしましょう。また、光や熱、湿気などにも弱く、紫外線や直射目光による急激な温度変化はひび割れや変色を引き起こすこともあります。光を避けて、暗所での保管が基本です。

◆コスメに要注意!◆

香水や化粧水などが真珠にかかると、真珠層を傷つけたり、汚れの原因となり、真珠の品質を損なってしまいます。必ず、パールジュエリーは香水や化粧水が乾いてから、「最後につける」を忘れないようにしてください。また、パーティや会食の場では、食べ物や飲み物が真珠につかないように気をつけて。

◆つけたら拭く◆

自分でできる一番のお手入れは、試くことです。酸に弱い真珠にとって汗や皮脂は大敵です。変色などの原因にもなりますので、使用後はメガネ試きなどの柔らかい乾いた布で、汗やホコリをよく拭いてからしまいます。試く時は、ネックレスなら上から下へ3回、優しく拭きます。酸に触れたら直ちに水洗いし、柔らかい布でよく拭き取ってください。

◆ハードワークは避ける◆

鉱物の中で真珠より軟らかいのはサンゴや暁項ぐらいと言われています。真珠を身につけている時には、硬いものにぶつけたり、こすりつけたりしないように、ハードワークは極力避けましょう。衝撃や摩耗は真珠層に傷をつけ、割れや陥没、はく離などを起こし、劣化を早めます。建物への出入りや車の乗降など、普段の生活でも注意したいものです。

◆水分に注意◆

カラカラに乾燥するとひび割れを起こすことがあるので、真珠には適度な水分 が必要です。しかし逆に、水に濡れたままの状態は、水分が空気中の二酸化炭素などを取り込み、酸となり、真珠を劣化させます。水分は短時間ではそれほど影響ありませんが、保管は風通しのよい、湿気のこもらない場所がよいでしょう。

◆長期保存の場合には◆

真珠は経年変化する宝石です。使っていれば自然とテリや色などの変化は進みます。糸が伸びたりクラスプがゆるんだり、汚れが目立つようになったら専門店へ。1〜2年に1度は糸替えや洗浄、磨き直しなど、プロの手でクリーニングをしてもらい、保管しましょう。定期的にメンテナンスをすることで、美しさを長く楽しんでください。


◆買う、お店の選び方◆

真珠にはダイヤモンドのような品質基準がありません。美しさの要素が複合的に合わさって、真珠の価値を決めているのです。だからこそ、真珠の特性をしっかり把握し、魅力を伝えられるプロの存在が欠かせません。良い販売員は、自分の店の商品知識はもとより、真珠の品質やグレードもきちんと説明してくれます。わからないことには誠実に答えてくれて、その上で、自分に似合うものを提案してくれるかどうかがポイントです。
真珠のことがわからないという人は、まずは目的や予算を決めてからお店へ行くといいでしょう。使うシーンや、自分の肌色や、体型、ファッションに似合うかなどを含めて相談に乗ってくれる販売員がいるお店がおすすめです。最近ではジュエリーコーディネーターやカラーコーディネーターがいるお店も増え、TPOに合わせたコーディネートやアレンジの提案までしてくれることもあります。
売りたいがために一方的に商品のセールストークをまくし立て、いいことばかりを言ったり、質問に対してきちんと答えが返ってこない店では、本当に納得のいく商品選びができません。アフターケアやメンテナンスも重要ですから、長く信頼関係が築けるお店選びをしてください。