category カテゴリー

- エレガントな色味の多様性と、神秘的な輝きが特徴の南洋真珠 -

 黒蝶真珠とは、アコヤ貝と同じウグイスガイ科の真珠貝である黒蝶貝(クロチョウガイ)から採れる真珠のこと。主に仏領ポリネシア(タヒチ)海域で養殖されるため、タヒチ真珠、タヒチアンパールとも呼ばれています。
黒蝶真珠の最大の魅力は、黒系、緑系、グレー系、赤系など色の多様性と、その深見のある神秘的な輝き。そして、真珠貝の中で特に活動的な回であるため、貝の中で真珠が回転してサークルを巻いた形になるなど、一つ一つ違った色と形が個性的な魅力となっています。

- よくある質問 -

黒蝶真珠とはどんな真珠ですか?

一般的にタヒチ真珠、黒真珠と呼ばれている。南洋の暖かい海に棲息する二枚貝である黒蝶貝から採れる真珠。貝殻を左右に開くと、蝶が大きく羽を広げた形になることが名前の由来で、貝殻はアコヤ貝より大きく、殻の長さは15~20cm程度

黒蝶真珠の大きさはどのくらいありますか??

一般的には9~11mmあたりが主流であるが、18mm位までのものもあります。

黒蝶真珠はどこで採れますか?

主な生息地は、タヒチを中心とした仏領ポリネシア海域及びクック諸島、フィジー島、ニューカレドニア島、ニュージーランドなどの南太平洋海域。
黒蝶真珠の生産量の約95%がタヒチで採れるため、タヒチ真珠とも呼ばれている。沖縄県でも養殖されています。

黒蝶真珠の品質の基準はどのようなものですか?

「色」「大きさ」「巻き」「テリ」「キズ」「形」で評価される。やはり真珠の奥の方から深みのある輝きを放つものが良質とされています。

黒蝶真珠はどんな色ですか?

以外にも黒蝶真珠には黒の色素はありません。赤・青・黄系の色素が混ざり合い、黒系、緑系、グレー系、赤系など、深みのある神秘的な輝きが譲し出されてています。深い緑に赤みがかった「ピーコックグリーン」と呼ばれる色目に人気があり、美しい色として評価されています。

- お取扱い商品例 -

- ゴージャスで多彩なバリエーションを持つ、大粒の南洋真珠 -

白蝶真珠とは、南洋真珠最大の真珠貝である白蝶貝(しろちょうがい)から採れる真珠のことです。主にオーストラリアなどの南洋で養殖されており、貝の大きさは30cm、重量は5kgを超えるものも存在します。
白蝶真珠の最大の魅力は、華やかで目をひくゴールドと気品溢れるホワイトといったゴージャスな色合い。そして、やはりそのボリュームのある大きさとです。真珠貝自身の大きさもあって、直径20mm程度にまで育つ真珠もあります。

- よくある質問 -

白蝶真珠はどこで採れますか?

主にオーストラリア、インドネシア、フィリピン、ミャンマーなど、太平洋の南の海で養殖されています。母貝には貝殻内面の周辺部が銀白色の”シルバーリップ”と黄色の”ゴールドリップ”の2種類があります。

白蝶真珠はどんな真珠ですか?

太平洋の暖かい海に棲息する二枚貝である白蝶貝から採れる真珠です。貝殻を左右に開くと、蝶が大きく羽を広げた形になることが名前の由来であり、大きいものでは、殻の長さが30cmを超えるものもあります。

白蝶真珠の大きさはどのくらいですか?

一般的には10~15mmあたりが主流ですが、真珠貝自身の大きさから20mm程度にまで育つ真珠もあります。

白蝶真珠はどんな色ですか?

ゴールド系とホワイト系の2種類に大きく分けられます。

白蝶真珠の品質の基準はどのようなものですか?

「色」「大きさ」「巻き」「テリ」「キズ」「形」で評価される。表面のきらきらしたものではなく、奥の方から深みのある輝きを放つものが良質とされています。

- お取扱い商品例 -

すべてのシーンに使えるオールマイティな王道パール

昭和26年に御木本幸吉がアコヤ真珠の養殖に成功して100年余り。真珠の中で最も透明感があり、キメが美しいといわれるアコヤ真珠は、日本が初めて養殖に成功し、その後の真珠産業が発達を遂げるきっかけとなりました。

- よくある質問 -

アコヤ真珠とはどんな真珠ですか?

日本国産の真珠の母貝であるアコヤ貝から採れる真珠です。

アコヤ真珠の大きさはどのくらいですか?

母貝自体が手のひら程度の大きさであるため、真珠自体もそれほど大きくなく、約2mm~10mm程度です。

アコヤ真珠はどこで採れますか?

アコヤ真珠のほとんどが日本で養殖されており、主に三重県、愛知県、長崎県、大分県の海で行われています。その他、中国、ベトナム、韓国でも少量生産されています。

アコヤ真珠はどんな色ですか?

ホワイト系、ホワイトピンク系、ホワイトグリーン系からクリーム系、ゴールド系といったものが中心です。一般的にはホワイトピンク系が良いとされているが、好みによって変わるため、一概にどの色が良品質であるとは言い切れません。

アコヤ真珠の品質の基準はどのようなものですか?

「色」「大きさ」「巻き」「テリ」「キズ」「形」で評価される。表面のテリではなく、奥の方から深みのある輝きを放つ透明感の高いものが良質とされています。

- お取扱い商品例 -

種類と品質は非常に多岐。気軽に着用できるファッションパール

アコヤ真珠や南洋真珠(白蝶真珠、黒蝶真珠)が海水生の貝から採取されるのに対して、イケチョウガイやカラスガイといった淡水生の貝によって産み出される真珠が淡水真珠と呼ばれています。アコヤ真珠等との大きな違いは、養殖手法にある。母貝内に球状の核を使ったり、小玉の淡水真珠を核として使うなどして10mmを超える大玉も産出されるようになり、アコヤ等他の真珠と同程度の価値を得ているものもあります。

- よくある質問 -

淡水真珠とはどんな真珠ですか?

イケチョウガイやヒレイケチョウガイ、カラス貝といった淡水生の貝の中に出来る真珠を淡水真珠(淡水パール)と呼びます。

淡水真珠の大きさはどのくらいですか?

形は一般的に楕円形のものが多いが、ライス、ドロップ、スティック等さまざまなものがあり、大きさもまちまちです。最近は養殖技術が向上し、13mm前後の南洋真珠と見間違えるような立派な淡水真珠も生産されています。

淡水真珠はどこで採れますか?

日本では琵琶湖などで養殖されていますが、多くは中国から輸入されています。

淡水真珠はどんな色ですか?

ホワイト系はもちろん、オレンジ系、ピンク系、パープル系と豊富です。オレンジ系やパープル系は色幅があり、オレンジ系の中にゴールド系や、パープル系の中にグレー系も稀に見られます。

淡水真珠の品質の基準はどのようなものですか?

一昔前までの淡水真珠は小粒で変形したものが多く、安かろう悪かろうというイメージが強かった。しかし、1990年代にヒレイケチョウガイという淡水貝からの養殖に成功すると、他の真珠に引けをとらない良質なものも出回るようになっています。

- お取扱い商品例 -

- お取扱い商品例 -